塩化水素の5つの特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

塩化水素

塩化水素(HCl)について説明しましょう。

塩化水素の特長は?

全部で5コ覚えておきましょう。

1.まず、常温での状態はなんでしょう?

気体ですね。

2. 酸塩基で言うと何性ですか?強い?弱い?
強酸

このあたりまでは基本ですね~

3. 水には溶けやすい?
むちゃくちゃ溶けやすいです。
その水溶液が『塩酸』です。

4. 検出方法は?
アンモニア水を近づけると、白煙が生じる。
NH3+HCl → NH4Cl

5. それじゃあ実験室での発生方法は?
HCl が欲しいんだから、H+とClをくっつければいいわけです。

まずはClから行きましょう。
Clはどこから持ってきましょう?
→身近なものでClが含まれているるものを考えましょう。

え~と、え~と  (・´ω_,`・●)

はい、NaClですね。

じゃあH+は?
Clとくっつけないといけないわけだから、強酸である必要がありますね。

強酸と言えば、
塩酸、硫酸、硝酸
の3つ

そのうち、塩酸は今欲しい塩化水素を水に溶かした水溶液なわけだから、これがあるんだったらいま作る必要もないわけです。

そうなると、残り2択ですね。
硫酸か硝酸

じゃあどっちでしょう?

ここで、カギとなるのが、「揮発性」です。

硫酸の揮発性は?

というと、濃硫酸不揮発性です(希硫酸は揮発性ですが)。

硝酸は?
揮発性です。

ちなみに、塩酸は?
これは揮発性

ですので、不揮発性の濃硫酸がふさわしいですね!

え、なんで?(゚∇゚;)
というと、これはちと難しい話なんですが・・・(゚ー゚;

図を描いて説明しましょう。

化学ゴロ

という形で、加熱をすることで、揮発性のHClを追い出してるんですね。

最後のHCl発生反応はちと難しかったですね~

著者情報

namikiyoji
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください