塩化水素の5つの特徴

塩化水素

塩化水素(HCl)について説明しましょう。

塩化水素の特長は?

全部で5コ覚えておきましょう。

1.まず、常温での状態はなんでしょう?

気体ですね。

2. 酸塩基で言うと何性ですか?強い?弱い?
強酸

このあたりまでは基本ですね~

3. 水には溶けやすい?
むちゃくちゃ溶けやすいです。
その水溶液が『塩酸』です。

4. 検出方法は?
アンモニア水を近づけると、白煙が生じる。
NH3+HCl → NH4Cl

5. それじゃあ実験室での発生方法は?
HCl が欲しいんだから、H+とClをくっつければいいわけです。

まずはClから行きましょう。
Clはどこから持ってきましょう?
→身近なものでClが含まれているるものを考えましょう。

え~と、え~と  (・´ω_,`・●)

はい、NaClですね。

じゃあH+は?
Clとくっつけないといけないわけだから、強酸である必要がありますね。

強酸と言えば、
塩酸、硫酸、硝酸
の3つ

そのうち、塩酸は今欲しい塩化水素を水に溶かした水溶液なわけだから、これがあるんだったらいま作る必要もないわけです。

そうなると、残り2択ですね。
硫酸か硝酸

じゃあどっちでしょう?

ここで、カギとなるのが、「揮発性」です。

硫酸の揮発性は?

というと、濃硫酸不揮発性です(希硫酸は揮発性ですが)。

硝酸は?
揮発性です。

ちなみに、塩酸は?
これは揮発性

ですので、不揮発性の濃硫酸がふさわしいですね!

え、なんで?(゚∇゚;)
というと、これはちと難しい話なんですが・・・(゚ー゚;

図を描いて説明しましょう。

化学ゴロ

という形で、加熱をすることで、揮発性のHClを追い出してるんですね。

最後のHCl発生反応はちと難しかったですね~

お問い合わせ

さくさく勉強法へのご意見・ご感想などはこちらからお問い合わせください。

*の付いている項目は必須項目です。

お名前 (漢字)*

お名前(カナ)*

メールアドレス*

お問い合わせ内容*

さくさく勉強法をどこで知りましたか?

上の質問で「検索」と答えた方は、検索したキーワードをご記入ください。

【メッセージの確認】

お問い合わせの内容はこちらでよろしいですか?
よろしければチェックいただき送信ボタンをクリックしてください。