一酸化窒素のお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一酸化窒素のお話

こんばんは、並木です。

今日は一酸化窒素(NO)についてやりましょう。

まずは基本情報の確認ですね。

1.色は?

無色です。

2.臭いは?

無臭です。

3.毒は?

無毒です。

ここまではNOの名前の通り、無い無いづくしですね~
(若干おやじギャグ気味ですが・・・(;´ 3`))

あとよく聞かれるのは実験室での発生方法でしょう。

化学ゴロ

この反応は丸暗記はしないようにしましょうねー

作り方を理解して覚えておくことが大切です。

どうやるかというと・・まず、この反応の種類は?

酸化還元反応です。

じゃあ、
酸化剤は?
希硝酸です。

還元剤は?
ですね。

あとは、
1.酸化剤、還元剤の半反応式を書く
2.それぞれの式を足す(電子が消えるように)
3.足りないイオンを加える

という手順で作って行けばできるはずです。

この一酸化窒素、あんまり話題がないんですが、2点だけ触れておきましょうか。

①大気中で酸化されて、NO2(赤褐色)になりやすいですね~。
NO自体は無毒なのにもかかわらず、大気汚染の原因となっているのはNO2に変わってしまうからなんですね~

② 生体の反応としてはけっこう出てきます。簡単な内容だけ触れておくと、生体内でアルギニンと酸素から作られます。また、ニトログリセリンは心臓病の治療に使われますが、この際にも一酸化窒素が大事な役目を果たしてるんですね。

NOについてはこのくらいで十分でしょう。

著者情報

namikiyoji
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください