Next Stage 英文法・語法問題 3rd edition

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NextStage

確認用の問題集として

多くの高校で副教材として使われている本書ですが、文法事項の確認用教材として使うと良いです。

具体的には、まず「総合英語Forest」などの文法書で一章分(たとえば動名詞とか仮定法など)をさらっと読んで、重要構文などを自分なりに書き出してみましょう。

書き出したものを暗記する。それが終わったら、本書の該当章で確認してみるという手順がお勧めです。

ただ漫然と解かないように!

見開き左ページに問題が並び、右ページに覚えるべきポイントが書いてあります。

4つの選択肢から選んでカッコを埋める形式です。

どんな問題集をやる時もそうなのですが、単に答を当てて満足してはいけません。本書は、穴埋め部分だけでなく、問題文自体も程良いレベルの良問揃いなので、文章の方の分析もすること!

たとえば、問題文中にでてきた「who」の関係代名詞節はどこからどこまでで、どの名詞を修飾しているか。カッコを埋めるだけでなく、そういうことにも気を配りながら解いていきましょう。

「いちいちそんなことを考えていたら時間がないよ」と思いがちですが、こういうことを普段からやっておくと、長文を読んだ時に自動的に文法的分析ができるようになります。

本書は文法の問題集ですが、そのような方法で構文把握をしていくと、長文読解の力も付くので一石二鳥の勉強法になるのです。

なお、Part1の「文法事項」はいずれの受験生も必須です。中堅レベル以上の大学を目指す場合は、「イディオム」のところもしっかりやりましょう。「会話表現」や「アクセント・発音」の部分は、よほど特殊な事情がない限り、省略して時間を節約した方が良いでしょう。

著者情報

究進塾 編集局
東京・池袋にある究進塾の編集局です。受験指導のプロが大学受験に役立つ情報をお届けしています。 大学受験対策コースはこちらからご覧いただけます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください