橋元の物理をはじめからていねいに(熱・波動・電磁気編)/東進ブックス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

橋元の物理をはじめからていねいに―大学受験物理 (熱・波動・電磁気編)

物理を原点に戻って学びたい人に最適

物理は公式を覚えて,ある程度図が描けるようになれば解ける問題が多いです。なので,公式の一つ一つの要素を理解しないまま先に進んでしまい,少し応用が入るだけでどこを変えればいいか分からなくなる落とし穴にはまってしまいます。この本は入門用ですが,一通り物理を学んだ人が問題につまずいてしまったときにも非常に役立ちます。

イメージを重視した解説

この本の特徴としては「イメージ」を重視していることです。最初に簡単な図を描いてイメージをつかみ,そこから解き方に入ります。例えばややこしさで有名な波長のドップラー効果では,観測者と音源が台車に乗っている絵が何個も何個も出てきます。パターンごとに矢印を変えていき,絵から公式のどの部分をいじればいいのかを導きます。この絵の描き方をマスターすれば,応用問題もさほど苦がなく解けてしまいます。

別の視点からとらえる

少し注意してほしいのは,「イメージ」を重視しているので一般的な解き方とは違う部分があるところです。「学校や予備校で教わった解法を使いたい」という人にはかえって混乱する恐れもあります。ほとんど問題は出てこないので,読み物を読むような軽い気持ちで見てみると新しい発見があるかもしれません。

著者情報

究進塾 編集局
東京・池袋にある究進塾の編集局です。受験指導のプロが大学受験に役立つ情報をお届けしています。 大学受験対策コースはこちらからご覧いただけます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください