医学生のたしなみとしてブラックジャックを読んでみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医学生のたしなみとしてブラックジャックを読んでみる

大体試験期間中は試験ラッシュが終わったらやりたいことリスト、をつくり、
そこに想いを馳せて頑張る、というのがいつものパターンなのですが、

今回は、試験が終わったら
「ブラックジャックを読もう!医学生のたしなみとして。」

とリストアップしておりました。

・・・というわけで、早速読み始める私。

これほどの名作だし、手元に本として持っておくのもいいかな~という思いもあったのですが、
結局、せまいワンルームにそのような余裕はない、という結論に至り、

kindle版を購入することに。(なにげに初のkindle!)

まだまだ4巻あたりなのですが、
一章一章の中に重すぎず軽すぎないメッセージがこめられているのを感じています。

特に、
ブラックジャック名言中の名言、

「人間が生きものの生き死にを自由にしようなんて、
おこがましいとは思わんかね。」

というセリフは、これから医師になる上で、忘れてはいけない言葉だなと、
あらためて認識しました。

ちなみに医学生的視点としては、
(存在しない疾患も多いのですが)、
この疾患を元にしたのかな~
なんて考えながら読み進めています

著者情報

toyoizumi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください