CBTおわったぁぁ★★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CBTおわったぁぁ★★

やっとやっとCBTが終わり、試験から解放!!!

入学してからというもの、テストテストの2年半でしたが、
ここからしばらくテストというものから解放されるかと思うと、
ひゃっほい!!という気分♪

あらためて、ここまでの医学部生活を振り返ってみて、
成績がよかったから、とか
親に医学部行けって言われたから、という理由で来ない方がいいだろうな~・・・。
と思います。

医学部や薬学部は国試の合格率が各大学の入試の難易度や応募人数に大きく影響する学部。
そのため、簡単には進級させてくれません。(特に私大医学部)
まぁ、やれば通ると思うのですが、
やらないと絶対進級できないので、
もし、全く興味のない状態で入学してしまうと、
いやいやながらに大量の医学たるものに時間を割かなければいけません。

ちなみに文学部とかであれば、
正直成績悪かろうがよかろうが、留年させることに大学側のメリットがあまりないので、
進級に関しては激甘でしたね…。
それでも自ら自主留年する人たちがやたらいる・・・
というのが京大でした・・・

近年は不況やら、就職難やらで医学部志向が強く、

理系の難化が進んでいるようです。

でも、医学部って入ってからも、
他の学部よりは犠牲にしなければいけないことも多く、
入ったところがスタート地点なので、
このような流れに少し不安も感じつつ・・・。
でも自分が親だったら、特にやりたいことなかったら、
資格取れるとこにでもしといたら?
という保守的アドバイスしちゃうかなぁ・・・
うーん、どうだろう・・・。

著者情報

toyoizumi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください