小児科奮闘記 その1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医大生日記

こんにちは!

最近一気に寒くなり、あせる
朝もかなり冷え込んできましたが、

実習は変わらず8時スタートなので
7時に起きなければいけません(;;)汗

実習が終わっても外は寒いので
自然と部屋で一人さびしく過ごす時間が増えてきます。

そんな冷え切った心と体を温めてくれるのは

小児科の子供たち!!

皆さんは小児科というとどんなイメージを持っていますか?

たぶん赤ちゃんやずっと泣いていていたり
子供が駈けずり回っている
イメージを持っている人も結構多いのではないでしょうか?

実を言うと僕はあんまり子供は得意ではありませんショック!(笑)

小さい頃に鼻炎でよく耳鼻科に行っていたのですが、
そこでいつも他の子供が泣いていたので

子供の泣き声=医者=怖い

という図式が自分の中で成り立っていて
子供が好きになれませんでした(ノω・、)

そんな感じで僕は回診の時も
子供を避けようと
できるだけ後ろの方に隠れていましたあせる

病室に行こうとすると

2歳児が仁王立ちで道を通せんぼ!!

なぜか、僕は子供が苦手でも
いつも子供が僕の方に寄ってくるのです(;´∀`)

無言で興味深そうにじっと見ている…

どうすればいいのやら…

とりあえず知らん顔で去ろう…

と僕が対応に困っているとピエロさんが登場!!

病院ではピエロの格好をしたボランティアの人たちが
子供たちに芸を見せて歩いているのです.

やったじゃん!!
やっぱり子供の相手はピエロさんにお任せv(*’-^*)b

お疲れ様ですと言って
ほっとしながらその場を去ろうとした時、
ピエロさんは

「見てて!!今からこのお兄ちゃんがめっちゃ面白い事するよー」

え!?無理無理無理無理!!

そんなの聞いていませんよ(;゚∇゚)

やるんだったらちゃんと事前に教えて下さいってば( ̄Д ̄;;

結果的に僕らは面白いことをやらなくて済んだのですが、
代わりに

「音楽に合わせて面白く踊る」

という課題をこなす事に(もちろんアドリブ(笑))

そんな感じで、
小児科奮闘記は続きます・・・。

著者情報

toyoizumi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください