CD付の英語問題集は何が適切か?英語の勉強法-2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

勉強法

CD付の英語問題集は何が適切か?

について書いて行きます。
先日のブログでは、「英語は多項目に渡って勉強するのが効果的だ」と言いました。
具体的にはこんな形で・・・

1.単語
2.熟語
3.構文
4.文法

5.解釈
6.長文

7.シャドウィング

・・・1~6のCDを聞き、その後追いかけて話す。

それじゃあ、「どんな問題集をやればいいの?」と言いますと、CDが付いているものです。

それは、シャドウィングをするためです。

市販のもので私がおすすめのものをあげておきますと、

1.単語・・・DUO
2.熟語・・・合格英熟語300→速読英熟語(※合格英熟語300はCDなし)
3.構文・・・英語構文300選
4.文法・・・レベル別問題集(※CDなし)
5.解釈・・・入門英文解釈の技術70
6.長文・・・レベル別問題集

です。

「合格英熟語300」と「英文法レベル別問題集」はCDはついてませんが、その他の4つについてはCD付です。これをシャドウィングして行けば、効果は絶大です。

それでは、今日はこのへんで~。

次回は、1日のうちにどのくらいの時間を各項目に割けばいいのか?について書いて行きたいと思います。

著者情報

admin
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください