二次試験対策はセンター試験対策にもつながるの?

0c65f8fcc788126e3a7c82ee25d650d4_s

さて、受験勉強も大詰めを迎えてきましたね。センター試験は目前です。センター試験に対して不安が募り始めるのもこの時期だと思います。

しかしそれと同時に二次試験対策もしっかりと行わなければならない時期でもあります。実際に、超基礎であるセンター試験にいつまでも時間をとられるわけにはいきません。

この記事では、二次試験対策がセンター試験対策になりうるのかについて、そしてセンター対策にもつながる二次試験の勉強法について説明をしていきます。センター試験と二次試験双方の対策を効率良く行っていきましょう。

「二次試験対策はセンター対策になりうるの?」

一言でいうと、「なりえますが、すべてではありません」というのが答えです。つまり、二次試験対策は、たしかにセンター試験対策にもつながり、決して無駄にはなりませんが、二次試験対策だけではセンター試験にのぞむのは危険だということです。それについて以下に説明をしていきましょう。

1. センター試験に必要な基礎学力を上げるには二次試験対策が最適

基礎学力を上げるには、一見センター試験対策の方が最適なように思えますが、必ずしもそうとはいえません。なぜならセンター試験は極論をいうと、解き方さえ覚えていればロボットのようにして解くことができるからです。

したがって、そこから基礎学力の向上は見込めないでしょう。この時期から基礎学力をさらに上げるためには、二次試験対策を行った方が良いでしょう。

二次試験は応用問題が出ると思われがちですが、実はよく見てみると基礎学力を試してくる問題が多いのです。

ある英語の講師が使った手法で、東京大学の英文を使い、日本大学の英語だと偽って問題を出したというのがあります。東京大学の受験生はその問題を日本大学の問題だと信じ込み、軽々と解いたわけですが、「実は東大の問題だった」と知って驚くわけです(もっとも、過去問を全て解かれていては、これは意味を成しませんが)。

難関大学の受験生が、そのネームバリューに押されて、難しい英文を読まされていると信じ込み、センターに毛が生えた程度の英文に悪戦苦闘しているというのはよく聞く話です。

難関大学の二次試験を一度冷静になって吟味してみてください。そうすると、試されているのは基礎学力であることに気づくでしょう。

そして、センター試験とは違い、解法がテンプレ化されていない分、基礎学力を上げるためには、むしろ二次試験対策の方が適していることが理解できると思います。

また、応用問題であっても基礎学力がないと話にならないので、実は応用問題を解いていても、しっかりと基礎学力はつくのです。

したがって、センター試験を解くうえで必要な知識や基礎学力を高めるために二次試験対策を行うのは、効率のよい学習方法ということができるでしょう。

しかし、センター試験で高得点を狙うためには、知識の量と基礎学力の高さだけでは不十分です。それでは次にこれから行うべきセンター試験個別の対策法についてお話をしていきます。

2. センター試験に最も必要なものは「回答力」

「今までの実力テストではいつも勝っていたのに、3年の春初めてセンター模試を受けたとき、自分よりも学力が低いはずのあいつに大幅に負けてしまった」というのはよく聞く話です。

しかし、これは偶然でも番狂わせでもなく、必然的に起こる出来事なのです。そもそもセンター試験は超基礎の問題を出してくるので、知識の量や基礎学力ではそれほど差がつきません。

しかし、回答力によっては大幅に差がつくのです。基礎学力は高いはずなのに、センター試験が苦手だという人は、回答力が足りないのです。

この手の受験生は、なまじ知識の量と基礎学力が高いため、すべての問題を時間さえかければ解ける状態にあります。そのため最後に時間が足りなくなってしまい、本来ならば分かるはず問題も「未回答」のまま終わってしまうのです。

それに対し、基礎学力がそれほど高くなくても、分からない問題を潔く捨てて、分かる問題を確実に解いていった受験生の方が高得点をとることができます。

ここで筆者は「解答力」ではなく、あえて「回答力」という言葉を使いました。つまり、分からない問題を瞬時に捨てることもまた「回答力」なのです。

センター試験は数秒考えて分らない問題は、例外なく捨てるように心がけてください。「もう少し考えれば分かりそうだ」と停滞しているその3分の間に他のところで10点以上稼ぐことができます。飛ばした問題は時間が余って余裕が出来た時にじっくり考えた方が案外早く答えが出てくるものです。

また、それを逆にいうならばすべての問題を即答しなければならないのです。センター試験では3分考えて正解にたどり着くことより、その問題を捨てて3分時間を稼いだ方が、はるかに得策といえます。3分もあれば、すごい受験生ならば大問が半分終わっています。

しかし、分かる問題をあえて捨てることができる受験生はほとんどいないでしょう。そのため、知識の量が逆に「あだ」となり、模試や本番で大コケをしてしまうのです。

そうならないためにも、これからのセンター対策はすべての問題に対して「即答」を意識して取り組んでください。そして分からない問題をすぐに捨てて気持ちを切り替えるということも、点数アップの技術として練習を重ねてください。

3. 二次試験対策とセンター試験対策の両立方法

センター試験対策は、二次試験対策とは別に「回答力」を上げなければならないと、説明しましたが、それでは二次試験対策とセンター対策をどのように両立させていくかについて、この項ではお話をします。

3-1. センター対策は隙間時間に行う

「即答」を前提とするセンター試験対策は隙間時間を使っても充分に対策ができます。たとえば授業の間の10分休みでも大問1つ分演習することができますし、文系の科目ですと、電車の中でも行うことができるでしょう。

二次試験の演習はまとまった時間の確保が必要ですが、センター試験の演習は隙間時間を使ってもできるのです。むしろ、二次試験対策ができない時間帯はセンター対策に徹し、効率よく時間を使いましょう。

3-2. 二次試験対策は土日に行う

土日に固執する必要はありませんが、やはり二次試験対策は時間が大幅に確保できるときに行った方が良いでしょう。これは時間活用面の問題であり、二次対策を土日に行った方が、効率よく学力が上がるというわけではありません。

ただ、隙間時間はすべてセンター対策につぎ込む分、まとまった時間は確実に二次試験対策につかえるようにしておきましょうということです。

4. 学校の授業には確実に参加する

特に進学校となりますと、この時期は問題演習がほとんどになると思います。ここで注意しなければならないことは、「授業には確実に参加しておいた方が良い」ということです。

例えば、数学が得意な受験生は「数学はもういいから国語の演習をやりたい」と思い、数学時間に国語の問題演習をこっそり行うと思います。

問題演習中は基本的に先生も教壇の前に座っているだけで、他の科目をやっている生徒がいても黙認することもあるくらいです。

しかし、薄々気づいていると思いますが、数学の時間に国語の問題演習を行っていても、効率よく問題を解くことができません。やはり周りが気になって問題演習に集中することができないからです。

数ⅢCが要らない生徒が先生の許可をもらって、他の科目の演習をするという特例がない限りは、素直に授業で出された問題を演習する方が良いでしょう。「高校3年生」という受験の素人が独自に選んだ参考書より、「先生」というその道のプロが選んだ教材を使った方が良いのは明らかですし、どのみち定期テストもそこから出されるので、効率性を考えても、授業で出された問題を解くことに専念した方が良いです。

5. センター試験に出ない内容も役に立つ?

これは理系の受験生がよく抱く疑問です。二次試験で数ⅢCが出される場合、数ⅢCの勉強がセンター数学の点数にもつながるのかという話ですが、残念ながらそれはあまり期待しない方が良いでしょう。

センター試験は処理能力が問われる試験ですので、別単元からの応用的な解答は必要とされません。出された問題をいかに速く決まりきった方法で処理できるのかという問題に、画期的な解き方など必要ないからです。

また、難しい問題を解くことによって、多少は数学のセンスが磨かれるかもしれませんが、「数学的センス」というものも、解き方がテンプレ化されたセンター数学には不要なものですので、同様に点数には結びつきません(センター数学は「数学的センス」がなくても充分満点を狙えます)。

したがって、センター試験の範囲外の勉強をいくら行っても、センター試験の点数にはつながらないと考えた方が良いでしょう。

逆にいえば、センター試験でもカバーできているところはセンター演習で知識を身に着け、それ以外の部分を二次試験対策に持っていけば効率よくなりますね。二次試験対策を行う際は、ただ闇雲に出た問題を解き続けるのではなく、今どこの範囲の問題を解こうとしているのかをしっかりと意識しましょう。

6. センター試験でしか出ない科目も役に立つ?

例えば私立大学の志望者は、国語が試験で出されない場合があります。しかし、センター対策で身についた国語力が多少は英語の読解問題にもいかせるのではないかという期待もありますよね。

これに関しては、効果が全くないとはいえませんが、やはりこれも同様に二次試験の英語対策は、それはそれとして行った方が良いです。

今も昔も受験対策の王道は、過去問を繰り返すことだといわれていますが、この理由は至極簡単で、相手をよく知ることが勝負において最も重要なことだからです。これは受験に限らず勝負事においては不変的な真理ともいえるでしょう。

受験生の中には地頭の良さだけで受験を勝ち上がる人もたしかにいますが、地頭の良さよりも、志望校の試験問題に特化した対策を行ってきた人の方が圧倒的に有利であることはいうまでもありません。

そのため、受験勉強においては間接的な学力の向上は期待しない方がよいでしょう。そもそも受験において重要なのは学力の高さではなく、どれだけ志望大学の対策をしてきたかなのです。

偏差値40から慶応義塾大学に合格したとして話題となった「ビリギャル」も、決して奇跡の話ではなく、きちんと慶応に特化した対策を行ったことによる必然的な結果なのです。現にこの物語の主人公は慶応義塾大学よりも偏差値の低い他の大学には落ちております。

センター国語はセンター国語として、二次英語は二次英語としてそれぞれの対策を行った方が、一見遠回りに見えますが、実は一番の近道といえるのです。

7. 地歴の対策はセンター対策だけで充分?

私立大学の世界史の問題は教科書の範疇を越えており、センター試験の対策だけでは解けない問題もあります。

しかし、「そんなところまで対策できるか」というのが受験生の心情でしょう。たしかに教科書の範疇を越えている問題は、「捨て問」として割り切りって、「回答時間確保のファクター」として捉える戦略は間違ってはおりません。そして難関私立大学の問題であっても、7~8割は教科書の知識からでも充分に対応できます。

「出るかどうかも分からないマニアックな内容に手を出すよりも、センター対策をしっかり行った方が良いのではないか?」と思う受験生も多くいるでしょう。

この件に関しては、「私大の地歴に教科書以上の内容がある」という事実がある以上、「センター対策だけで充分です」という無責任な発言はできません。

しかし、二次対策を語る前にそもそも、「センター対策ですらしっかりとできているのか」ということを思い返してみてください。

「教科書の中からしか出ない」と聞くと簡単なように聞こえますが、実際に教科書の内容をすべて頭にいれている人はほとんどいないと思います。

例えば、センター世界史が90点以上の優秀な受験生であっても、その出題された項目だけでも10%不十分な箇所があったわけです。また、選択肢からの消去法によって導き出された答えもあると考えると、それ以上に不十分な箇所があるといえます。

「センター試験は教科書の範囲からしか出ない」といわれますが、逆にいえば教科書の範囲であれば重箱の隅をつつくような問題を出してもよいわけです。現にセンター世界史は、普段の学習では使わないであろう資料集の隅にあるような箇所からの出題が毎年のように出されています。

また、私大の過去問で「こんなマニアックなこと知るかよ!?」という問題も、実は案外教科書にしっかり載ってあるものです。

「地歴の二次対策はセンター対策だけで充分か」という問いに関しては、まず「センター地歴を完璧にしてから考えましょう」というのが答えであり、少なくともセンター試験の日程までに二次対策まで行う余裕はほとんどないでしょう。

まとめ

2学期の受験勉強は、センター試験対策と二次試験対策をどう両立させるかが鍵となってきます。もちろんセンター試験でコケると話になりませんので、センター対策に重点を置かなければなりませんが、ここで二次対策もしっかりとできる人が合格を確実にものにすることができるでしょう。

著者情報

究進塾 編集局

究進塾 編集局
東京・池袋にある究進塾の編集局です。受験指導のプロが大学受験に役立つ情報をお届けしています。 大学受験対策コースはこちらからご覧いただけます。

お問い合わせ

さくさく勉強法へのご意見・ご感想などはこちらからお問い合わせください。

*の付いている項目は必須項目です。

お名前 (漢字)*

お名前(カナ)*

メールアドレス*

お問い合わせ内容*

さくさく勉強法をどこで知りましたか?

上の質問で「検索」と答えた方は、検索したキーワードをご記入ください。

【メッセージの確認】

お問い合わせの内容はこちらでよろしいですか?
よろしければチェックいただき送信ボタンをクリックしてください。