数学で定番問題集を2~3周して卒業したはずなのに結果が伴わないときにやるべき復習方法

数学で定番問題集を2~3周して卒業したはずなのに結果が伴わないときにやるべき復習方法

「問題集を2~3周すればOK」は間違い?

世間でよく言われるオーソドックスな数学勉強法として「定番の問題集(黄or青チャート、1対1対応など)を2~3周する」というやり方があります。これはもちろん正しい方法です。筆者もこれまで生徒には「まずは基礎~標準レベルの定番問題集一冊を2~3周して完璧にすること」を薦めて来ました。ただ、定番問題集を2~3周して卒業段階に達したはずなのに、いざ模試を受けてみると、出るべきはずの結果が出ない人が大勢いたことも事実です。

原因は、無意識のうちにヒントに触れてしまっていること

そこで、「なぜ2~3周して完璧にしたはずなのに、模試では解けないのか?」を考えてみると、以下の点が挙げられました。

  1. 問題集では単元ごとに進めて行くので、自分が今どの単元の問題を解いているのかを無意識のうちに把握してしまっている。それがヒントとなっているが、実際の模試(や入試)では、見た瞬間に単元も含めて判断しなければならない。
  2. 問題集によっては、問題文の上にテーマが書いてあり、それがさらなるヒントとなっている。

つまり、本当に卒業段階に達している人と実は達していない人の差は「単元の情報、タイトルやページレイアウトなどのヒントを除いた問題文のみから、解法を思い浮かぶかどうか」です。

無意識のヒントをなくす方法

それでは、この問題を解決するにはどうすればよいのでしょうか?

方法は実にシンプルです。

タイトルやヒントを除いて問題文のみを抜粋し、単語張のようにカードにして、シャッフルして、出現した問題を解いていけばよいのです。

2、3周目のやり方に工夫ポイントあり

もう少し詳しく説明して行きましょう。1~3周目でやり方を分けて行きます。

【1周目】

これまで通り解く(間違えた問題は×印をつける)

【2周目】

<準備> 1周して×の問題を単元ごとにまとめておく(コピーして切り取り、A4の紙に貼って行く。)
<実践> 単元ごとにトランプと同じ要領でシャッフルしてから、出た問題を解く。また間違えた問題は×の隣にもう一つ×をつける。

【3周目】

単元の壁も払って、××の問題をランダムにシャッフルして、出た問題を解いていく。

到達点は「めくった瞬間に解法が思い浮かぶ」

目標は「問題をめくった瞬間にその解法が思い浮かぶ」です。ここまで出来て初めて、その問題集は「卒業段階」と言えるでしょう。

これまで「定番の問題集を2~3周したのに成果が出なかった」という人はぜひ試してみてください。下手に次のレベルの問題集に進むよりもずっと効果は大きいはずです。

ちなみに、この勉強法は数学に限らず、物理や化学でも通じます。

[ad#namiki]

お問い合わせ

さくさく勉強法へのご意見・ご感想などはこちらからお問い合わせください。

*の付いている項目は必須項目です。

お名前 (漢字)*

お名前(カナ)*

メールアドレス*

お問い合わせ内容*

さくさく勉強法をどこで知りましたか?

上の質問で「検索」と答えた方は、検索したキーワードをご記入ください。

【メッセージの確認】

お問い合わせの内容はこちらでよろしいですか?
よろしければチェックいただき送信ボタンをクリックしてください。