カルテは患者さんの病気の文脈

医大生日記

診療所見学のお話をしたいと思います。

私が午後とその次の日に見学させてもらったのが、
外来診療

いわゆる、患者さんが待合室にいて、
順番に診ていく
というスタイルの診察です。病院

私は病院にいくとよく、
なんでもっと早く次の人呼ばないんだろう??

ほんと病院って時間かかるよな~

と不満まじりに思っていたものですが、
実際に診療の裏側に立ち会うと、
先生方は微塵も休憩することなく、
せわしなく院内を動き回っていることに
気づきますあせる

そして、患者さんを診ていないときに
最も時間を使っていたのが、

カルテを見る時間、書く時間でしたメモ

カルテは患者さんの病気に至るまでの
過去の文脈。

身体所見(体を診てわかる診断)
よりも、見えてくるものがたくさんある目

と先生方はおっしゃいます。
そして、
今日の診察が次の外来のときの文脈になる。

そのためにとても丁寧に、
具体的に、いろんなことをカルテに書き込まれていました。

前回も書きましたが、
その患者さんとずっとつきあっていくという
想いを感じました。

診察はトータルでも5~8分程度。
さりげなく患者さんに尋ねる一言一言は
決して雑談ではなく、

意図して投げかけられた
問診であるということに、
驚き、

そして外来診療の醍醐味を
かいま見たのでした目

お問い合わせ

さくさく勉強法へのご意見・ご感想などはこちらからお問い合わせください。

*の付いている項目は必須項目です。

お名前 (漢字)*

お名前(カナ)*

メールアドレス*

お問い合わせ内容*

さくさく勉強法をどこで知りましたか?

上の質問で「検索」と答えた方は、検索したキーワードをご記入ください。

【メッセージの確認】

お問い合わせの内容はこちらでよろしいですか?
よろしければチェックいただき送信ボタンをクリックしてください。