トタンとブリキ、さびに強いのは?

トタンとブリキ、さびに強いのは?

さて、今日は前回のつづきです。

トタンとブリキ、水に触れたとき、さびにくいのはどっち?

前回の復習をしておくと、
トタン鉄板亜鉛をめっき
ブリキ鉄板スズをめっき

という違いがありました。

金属のイオン化傾向というのがありましたね。

「貸そうかな、まああてにすんな・・・」のゴロで覚えるやつです。

それを思い出すと、

亜鉛(Zn)>鉄(Fe)>スズ(Sn)

という順番になります。

イオン化傾向=溶けやすさ(反応のしやすさ)

と考えていいわけですから、

さびやすいのは、トタン
さびにくいのは、ブリキ

傷がつくまでは確かにこれは正しいんです。

ところが、傷がつくとこれが逆転してしまいます。
トタンの方が強くなるんですね。

なぜか?
図を描いて考えてみましょう。

まずはトタンから行きますよー。

化学ゴロ

傷つく=メッキがはがれる、ということです。
そこで、鉄が現れるわけです。

そうすると
鉄と亜鉛の両方が水にさらされることになります。
どちらが先に溶けますか?

亜鉛(Zn)ですね。
鉄が溶けるのは、亜鉛が溶けた後になる。

一方、ブリキの場合はどうでしょう?
こちらも図を見ながら説明して行きましょう。

化学ゴロ

鉄とスズの両方が水にさらされます。
どちらが先に溶けるか?というと

鉄(Fe)ですよね。

ということで、傷ついてから強いのはトタンでした。

トタンはどういうところに使われるか、というと屋根バケツなど傷つきやすいもの

一方のブリキの用途は、というと、缶詰めの内側
これは
①缶詰めは開けるまでが勝負、という点
②スズは人体に害が少ないという点
が理由です。

というところまで覚えておきましょう。

お問い合わせ

さくさく勉強法へのご意見・ご感想などはこちらからお問い合わせください。

*の付いている項目は必須項目です。

お名前 (漢字)*

お名前(カナ)*

メールアドレス*

お問い合わせ内容*

さくさく勉強法をどこで知りましたか?

上の質問で「検索」と答えた方は、検索したキーワードをご記入ください。

【メッセージの確認】

お問い合わせの内容はこちらでよろしいですか?
よろしければチェックいただき送信ボタンをクリックしてください。