1冊を何周もするべきか、それとも、複数の問題集を演習するべきか?

学習相談

Q.問題集は1冊を何周もするべきでしょうか、それとも、複数の問題集を演習するべきでしょうか?迷っています

A.これは受験生にとって、永遠のテーマです。

よく言われている定説は、「1冊を何周もすることが大切」説です。

私(並木)もこれまで生徒に「1冊を繰り返しボロボロになるまでやることが勉強の鉄則だ」と言い続けて来ました。実際これによって伸びた生徒は大勢いました。ただ、これを実行しても伸び悩む生徒も一定数いたのも事実です。

そして、至った結論は、
「1冊繰り返しスタイル」は理想的でベターな方法ではあるが、万人に効果のある方法ではない(特に数学!)」
です。

すでに「1冊繰り返しスタイル」」で、結果が(模試で)出ている生徒はこの方法を続けましょう。ただ、「この方法をやったけど、結果が出なかった」という場合は、以下の方法を試してみてください。

1単元が終わるごとに、チェックテストを別の問題集で行なう

(例)

メイン チョイス(A問題)
チェックテスト 黄チャート

同じ単元を別の問題集で解くことで「本当に定着しているか?」が測れます。

ただ、このときに一つ注意が必要です。全問題を解くのでは時間がかかりすぎて、チェックテストという範囲を超えてしまいます。あくまで、問題をピックアップして解くことが大切です。時間は90分程度がちょうどよいでしょう。そして、もう一つ大切なことは、正答率を記録することです。正答率が70%以下であれば、復習➡さらに別の問題で再テストを行なう事が必要です。

実際、究進塾でもこの方法で(問題選定、配点、制限時間を詳細に決めています)指導した結果、「1冊繰り返しスタイル」ではうまく行かなかった生徒に成果が出ています。

ぜひお試し下さい!

勉強に関する相談、受け付けています。

※さくさく勉強法では、皆様から勉強に関する悩みを受け付けています。ご相談は、無料相談フォームにて受け付けております。

お問い合わせ

さくさく勉強法へのご意見・ご感想などはこちらからお問い合わせください。

*の付いている項目は必須項目です。

お名前 (漢字)*

お名前(カナ)*

メールアドレス*

お問い合わせ内容*

さくさく勉強法をどこで知りましたか?

上の質問で「検索」と答えた方は、検索したキーワードをご記入ください。

【メッセージの確認】

お問い合わせの内容はこちらでよろしいですか?
よろしければチェックいただき送信ボタンをクリックしてください。