海馬 〜脳は疲れない〜

医大生日記

こんにちは。

試験期間がはじまると・・・
なぜかなぜか、掃除をしたくなる~
本を読みたくなる~

というありがちな逃避行動に走っているわけですが・・・DASH!

今回読んだ
「海馬 脳は疲れない」

という本はとても面白かったのでご紹介ビックリマーク

この本は東大の池谷先生(薬学系研究科)とコピーライターの糸井重里が
「脳の働き」をテーマにした対談形式になっているのですが、

一番感じたのはコラボレーションによる
「話題の広がり」
でした。

池谷先生は「海馬」という記憶を司る脳の部位について
研究されおり、その働きを社会の構造や人間関係といった
身近なたとえを使って伝えてくださっているのですが、

糸井さんの
「それって●●みたいですね。」
「なるほど~、△△ってことですね。」
と返す言葉が、理系畑、研究畑ではない
なんとも絶妙な言い換えなんです音譜

言葉を紡ぎだす職業ならではの
秀逸なたとえ。
多くのプロと対談してきたからこその
経験と科学を結びつけるコメント

すっかり糸井重里ファンに
なってしまいました。

文系畑から医者になる、
そんな私の存在意義を考える
という側面でも

大きな刺激と見通しをもらった1冊でした本

お問い合わせ

さくさく勉強法へのご意見・ご感想などはこちらからお問い合わせください。

*の付いている項目は必須項目です。

お名前 (漢字)*

お名前(カナ)*

メールアドレス*

お問い合わせ内容*

さくさく勉強法をどこで知りましたか?

上の質問で「検索」と答えた方は、検索したキーワードをご記入ください。

【メッセージの確認】

お問い合わせの内容はこちらでよろしいですか?
よろしければチェックいただき送信ボタンをクリックしてください。