OSCE患者役を体験!

医大生日記

ニュースを見ると、関東のほうは雪が大変だったんだな~あせるみんな大丈夫かなぁ。と心配していた2月でしたが、
テストに追われているうちに、あっという間に3月あせる

今回は4回生の終わりに受けるOSCE(オスキー)というテストについてご紹介したいと思います。

OSCEとは臨床実技試験のことで、
国試のようなペーパー試験とは異なり、
実際に患者(役)に対して、基本的な手技や問診を行えるかどうかという
実技を見る試験になります。

ヨーロッパやアメリカではかなり昔から
導入されているプログラムなのですが、
日本では、2005年から正式に全国の医学生に対して実施されるようになりました。

現在では、医学部の他にも、歯学部、薬学部などでも
OSCEが実施されています。
(一部看護学科や栄養学科などで実施することもあるようです。)

私はまだ3回生なので、受験するのは来年なのですが、

私の大学では毎年患者役に3回生がボランティアで参加することになっていて、
今回、私はOSCE患者役、やってまいりました音譜

腹部、頭頸部(頭と首あたり)、救急・・・など

セクションがいくつか分かれていて、
受験生(4回生)は各セクションの教室を回りながら受験する
という試験になります。

詳しい内容はBlogには書けないのですが、

自分自身、来年受験するわけなので、
先輩方の実技を患者役として見れる、貴重な機会となりましたニコニコ

特に、いわゆる決まったやり方をビデオとかテキストで学ぶ手技
(瞳孔を確認するとか、意識の確認の仕方とか)
が多いと思うのですが、

受験生によって微妙にやり方が違ったり、
声の掛け方や順番が違ったり、

それによって受ける印象や患者側の気持ちも変わるな~

ということを実際に体験し、
自分だったら、どうされたいかな、
自分だったらどんな医者でありたいかな、

ということを考えさせられる時間でした。

来年のOSCE、今から少し楽しみになった、
患者役体験でしたビックリマーク

お問い合わせ

さくさく勉強法へのご意見・ご感想などはこちらからお問い合わせください。

*の付いている項目は必須項目です。

お名前 (漢字)*

お名前(カナ)*

メールアドレス*

お問い合わせ内容*

さくさく勉強法をどこで知りましたか?

上の質問で「検索」と答えた方は、検索したキーワードをご記入ください。

【メッセージの確認】

お問い合わせの内容はこちらでよろしいですか?
よろしければチェックいただき送信ボタンをクリックしてください。