医学生のたしなみとしてブラックジャックを読んでみる

医学生のたしなみとしてブラックジャックを読んでみる

大体試験期間中は試験ラッシュが終わったらやりたいことリスト、をつくり、
そこに想いを馳せて頑張る、というのがいつものパターンなのですが、

今回は、試験が終わったら
「ブラックジャックを読もう!医学生のたしなみとして。」

とリストアップしておりました。

・・・というわけで、早速読み始める私。

これほどの名作だし、手元に本として持っておくのもいいかな~という思いもあったのですが、
結局、せまいワンルームにそのような余裕はない、という結論に至り、

kindle版を購入することに。(なにげに初のkindle!)

まだまだ4巻あたりなのですが、
一章一章の中に重すぎず軽すぎないメッセージがこめられているのを感じています。

特に、
ブラックジャック名言中の名言、

「人間が生きものの生き死にを自由にしようなんて、
おこがましいとは思わんかね。」

というセリフは、これから医師になる上で、忘れてはいけない言葉だなと、
あらためて認識しました。

ちなみに医学生的視点としては、
(存在しない疾患も多いのですが)、
この疾患を元にしたのかな~
なんて考えながら読み進めています

お問い合わせ

さくさく勉強法へのご意見・ご感想などはこちらからお問い合わせください。

*の付いている項目は必須項目です。

お名前 (漢字)*

お名前(カナ)*

メールアドレス*

お問い合わせ内容*

さくさく勉強法をどこで知りましたか?

上の質問で「検索」と答えた方は、検索したキーワードをご記入ください。

【メッセージの確認】

お問い合わせの内容はこちらでよろしいですか?
よろしければチェックいただき送信ボタンをクリックしてください。