診断学を学ぶ その1

医大生日記

こんにちは。

今回は私が細々と続けている、診断学勉強会について
ご紹介したいと思いますかお

そもそも医学部では、
ざっくり言うと
最初に体の細胞レベル、分子レベル、の仕組みを学び、
正常の体の仕組みを学び、
病気の細胞レベル、分子レベルの状態を学びます。

これがいわゆる基礎医学という分野で、
大体2年生~3年生の前期くらいまで授業があります。

それが終わると、
「臨床医学」といって
循環器(心臓の病気とか)
呼吸器(肺の病気とか)
皮膚科
耳鼻科

といったように、主に臓器別の具体的な病気のメカニズムから
治療方法までを学ぶ授業がはじまります。

そして、そのあとは国試に向けて
臨床医学の勉強、勉強・・・

・・・となりまs。

しかし実際、現場に出たら
患者さんは
「この臓器のここの部分がこのように痛みます!」

なんて具体的にピンポイントで教えてくれないわけですよね。

「なんとな~く頭が痛いんです。」
とか
「ここらへんがムカムカします。」
とか

言われるわけです。

そんな実際の患者さんの主訴(上記のような主な来院理由)
から、医学的な専門用語に置き換え、
どの症状に当てはまっているのかを推測していく過程を学ぶ、
それが診断学です。

実際、具体的な症例を先生が持って来てくださり、
ケーススタディを中心に進めていくのですが、
臓器別に習っていても、
実際別の観点から問題を出されると
・・・全然わからないんですよねあせる

例えて言うならば、
国別、地域別に覚えていた世界史を、
同時代の各国の動向の関係や文化の比較
といった切り口で問われるような感覚ですDASH!

難しいし、毎回四苦八苦していますガーン
でもわからないなりにこういう問題って
取り組むのは楽しいです。

頭が柔らかくなっていくような感じがします。

私の頭ももう少し賢くなっていくことを願いつつ、
細々と続けていきたいなと思っている勉強会です本

ニコニコ

お問い合わせ

さくさく勉強法へのご意見・ご感想などはこちらからお問い合わせください。

*の付いている項目は必須項目です。

お名前 (漢字)*

お名前(カナ)*

メールアドレス*

お問い合わせ内容*

さくさく勉強法をどこで知りましたか?

上の質問で「検索」と答えた方は、検索したキーワードをご記入ください。

【メッセージの確認】

お問い合わせの内容はこちらでよろしいですか?
よろしければチェックいただき送信ボタンをクリックしてください。