CD付の英語問題集は何が適切か?英語の勉強法-2

勉強法

CD付の英語問題集は何が適切か?

について書いて行きます。
先日のブログでは、「英語は多項目に渡って勉強するのが効果的だ」と言いました。
具体的にはこんな形で・・・

1.単語
2.熟語
3.構文
4.文法

5.解釈
6.長文

7.シャドウィング

・・・1~6のCDを聞き、その後追いかけて話す。

それじゃあ、「どんな問題集をやればいいの?」と言いますと、CDが付いているものです。

それは、シャドウィングをするためです。

市販のもので私がおすすめのものをあげておきますと、

1.単語・・・DUO
2.熟語・・・合格英熟語300→速読英熟語(※合格英熟語300はCDなし)
3.構文・・・英語構文300選
4.文法・・・レベル別問題集(※CDなし)
5.解釈・・・入門英文解釈の技術70
6.長文・・・レベル別問題集

です。

「合格英熟語300」と「英文法レベル別問題集」はCDはついてませんが、その他の4つについてはCD付です。これをシャドウィングして行けば、効果は絶大です。

それでは、今日はこのへんで~。

次回は、1日のうちにどのくらいの時間を各項目に割けばいいのか?について書いて行きたいと思います。

お問い合わせ

さくさく勉強法へのご意見・ご感想などはこちらからお問い合わせください。

*の付いている項目は必須項目です。

お名前 (漢字)*

お名前(カナ)*

メールアドレス*

お問い合わせ内容*

さくさく勉強法をどこで知りましたか?

上の質問で「検索」と答えた方は、検索したキーワードをご記入ください。

【メッセージの確認】

お問い合わせの内容はこちらでよろしいですか?
よろしければチェックいただき送信ボタンをクリックしてください。