大きなビジョンを描こう

勉強法

受験勉強を始める前に、一番大切なことは、心に火をつけること。

つまり、なぜ大学に行きたいのか、を言える形にすることが大切です。

そのためには、大学に合格した後の長いビジョンをノートに書いてみる

ということをおすすめします。
この際に

  1. より具体的に書く
  2. スケール大きなことを書く

という2点を心がけるとよいと思います。
例えば、

  • 国立医学部に合格して、大学病院で先端医療の研究をする。
  • 東大の航空宇宙学科を卒業して、NASAで宇宙飛行士になる。
  • 東大の文二に合格して1年生から学生ベンチャーで起業し、5年以内に上場する。

といった感じです。

気分が今いちのらない、または勉強がはかどらないときは、一度、自分の目指す道を見直してみると一気にやる気が復活してくると思います。

私も受験生の時にこの方法をよく使いましたし、今でもよくやります。

ちなみに、世界のイチロー選手は小学校時代の作文で書いた文章が驚くべき具体性で心打たれる内容なので、ぜひ皆さんにも読んで参考にしてもらえたらと思って載せておきます。

僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。

そのためには中学、高校と全国大会に出て活躍しなければなりません。

活躍できるようになるためには練習が必要です。 僕は三才の時から練習を始めています。

三才から七才では半年くらいやっていましたが、三年生の時から今までは三百六十五日中三百六十日は激しい練習をやっています。

だから、一週間中で友達と遊べる時間は五、六時間です。 そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球選手になると思います。

そして、その球団は中日ドラゴンズか、西武ライオンズです。

ドラフト一位で契約金は一億円以上が目標です。 僕が自信のあるのは投手か打撃です。

去年の夏、僕たちは全国大会に行きました。

そして、ほとんどの投手を見てきましたが自分が大会ナンバーワン選手と確信でき、打撃では県大会四試合のうちホームラン三本を打てました。

そして、全体を通した打率は五割八分三厘でした。 このように自分でも納得のいく成績でした。

そして、僕たちは一年間負け知らずで野球ができました。

だから、この調子でこれからもがんばります。

そして、僕が一流の選手になって試合に出られるようになったら、お世話になった人に招待券を配って応援してもらうのも夢の一つです。

とにかく一番大きな夢は野球選手になることです。

[ad#namiki]

お問い合わせ

さくさく勉強法へのご意見・ご感想などはこちらからお問い合わせください。

*の付いている項目は必須項目です。

お名前 (漢字)*

お名前(カナ)*

メールアドレス*

お問い合わせ内容*

さくさく勉強法をどこで知りましたか?

上の質問で「検索」と答えた方は、検索したキーワードをご記入ください。

【メッセージの確認】

お問い合わせの内容はこちらでよろしいですか?
よろしければチェックいただき送信ボタンをクリックしてください。